欲しいバナーがきっと見つかる!おすすめバナースタンドプリントランキング

各社の総合評価早見表

ホーム > バナースタンド プリントについて > バナースタンドの用途とプリント印刷の特徴

バナースタンドの用途とプリント印刷の特徴

広告看板の一種であるバナースタンドは厚紙や布地に印刷された広告を専用の支柱で張った構造になっています。
そのため、通常の看板と比べて軽量で扱いやすく、収納も容易に出来るのが利点です。
また、支柱の長さを変えることで様々なサイズの広告に対応出来るのもバナースタンドが普及している要因の一つです。
広告の他、案内表示やメッセージボードの代用品として使うことも出来ます。
バナースタンドに使用する広告は安価で綺麗に仕上げることが出来るプリント印刷による作成が一般的です。
プリント印刷は専用の機器を使うことで様々な材質にイラストや写真を転写出来る特徴があります。
作成に手間がかからず、費用を低く抑えられる利点から広告に広く用いられていますが、同じ印刷でも業者の技術力で仕上がりの良し悪しが大きく変わります。
そのため、印刷を行う際は優良で信頼出来る所を選ぶのが綺麗に仕上げる条件です。



バナースタンドの利点とプリント印刷の特徴

広告看板の一種であるバナースタンドはプリント印刷で作成された広告を専用の支柱に張った構造になっています。
通常の看板と比べて軽量な造りになっているので扱いやすいのが利点です。
また、バナースタンドは支柱を分解して収納出来るので置き場所を取らないのも広く普及している理由の一つです。
バナースタンドに使われる広告で多く用いられているプリント印刷は作成費用が安いため、複数の広告を作るのに適しています。
また、写真や文字の転写も綺麗に仕上がるので見栄えが良く宣伝効果の向上に繋がるのが利点です。
同じプリント印刷でも業者の技術力が仕上がりの良し悪しを左右するので、広告の作成を行う際は複数の業者を比較して慎重に判断することが大切です。
特に屋外で使用する場合は日焼けや水濡れによる劣化を防ぐ加工を施す必要があるので注意します。



バナースタンドのプリントはオリジナルデザインで

プリント面の広いバナースタンドはオリジナル制作に最適な媒体であり、ウェブ広告や通常のポップでは表現できないインパクトがあります。
いくつかの種類が存在し、裏側の備品でピッタリと張るタイプのほか、ロールスクリーンのように高さ調整が容易なタイプも選択可能です。
いずれも腰の高さあたりから2メートル近くのタイプなど様々ですので、まずは設置場所を決定すると選びやすくなるでしょう。
全体的に片付けや持ち運びが簡単な設計で、例えば屋内と野外どちらのイベントでも設置可能です。
プリントデザインは大まかに、業者依頼と発注側入稿の2パターンから選択でき、どちらもオリジナルの制作が実現します。
業者依頼の場合でもデザインからプリントまで、多くの場合は一括依頼できるシステムです。
発注側入稿はテンプレートに沿ってデザインを完成させ、業者ウェブサイトへのアップロードで完了します。

次の記事へ

カテゴリー